【ズバリ解決!】腰椎分離症を改善する方法とは?しびれや痛みを和らげる治療法について

【本当はどうなの?】腰椎分離症はキャッチャーがなりやすい!?

【ズバリ解決!】腰椎分離症を改善する方法とは?しびれや痛みを和らげる治療法について

 

 

腰椎分離症は、野球のキャッチャーをしている人はなりやすいのでしょうか!?

 

 

腰椎分離症とキャッチャーの関係について記載致します。

 

 

腰椎分離症の主な原因として、成長期の激しい運動が挙げられます。

 

 

野球をしていて、キャッチャーのポジションをしている人は、腰椎分離症になりやすいと言えます。

 

 

腰に負担がかかり、疲労骨折をしやすいことが原因となります。キャッチャーが腰を痛めやすいのは、中腰の姿勢で長時間いることが原因で、背中や腰の筋肉が緊張することと疲労の積み重ねとなります。

 

 

腰椎分離症は先天的なものと後天的なものがあり、すべり症とは違い、腰椎の骨が折れて分離してしまうことを言います。

 

 

腰椎は腰の背骨で、身体を支える 椎体と動きと神経を保護する椎弓から構成されていますが、この椎体と椎弓が骨折して分離してしまう状態にあります。

 

 

 

 

キャッチャーは、常に中腰で姿勢を維持しなければいけないため、腰の筋肉が緊張しやすい状態にあります。

 

 

筋肉の緊張や疲労が重なることで、腰椎の疲労骨折を起こす可能性が高くなります。

 

 

特にジュニア期には腰椎分離症になりやすくなります。スポーツをする機会の多い成長期やスポーツ選手には比較的一般的な怪我で、3割〜4割の方がなるとも言われています。

 

 

治療方法には、薬を服用したり、ブロック注射を打ったり、手術を行なう方法があります。初期段階で発見した場合には、コルセットやプロテクターなどで骨の自然癒合を促します。

 

 

腰椎分離症になった直後の応急処置では、冷たい物を使用してアイシングするようにして下さい。

 

 

腰椎分離症を改善するには、腰椎周りを支える筋力をしっかりつける必要があります。

 

 

 

 

キャッチャーをしていたり腰に負担のかかるスポーツをされている人は、日頃からインナーマッスル(深層筋)を鍛えることで予防にも繋がります。

 

 

痛みが出ている段階ではコルセットなどでしっかり固定して安静にする必要がありますが、正しいトレーニング方法で改善するよう試みて下さい。

 

 

以上、腰椎分離症と野球のキャッチャーというポジションの関連性についてまとめてみました。

 

 

腰椎分離症は、キャッチャー特有の怪我とも言えます。

 

 

腰椎分離症は初期に見つけることで骨の癒合も可能ですが、進行期や終末期になってから治療をすると、手術などをしないと骨の癒合が難しくなってしまいます。

 

 

腰に違和感があるとか痛みを感じるという方は、早めに医師の診断を受けられるようにして下さい。

 

 

こんな記事も参考にしてみてくださいね。 ↓

 

 

要チェック!腰椎分離症になると足のしびれや足の痛みが出る!?