【ズバリ解決!】腰椎分離症を改善する方法とは?しびれや痛みを和らげる治療法について

あなたは知ってる?腰椎分離症に大人がなった時の治療法!?

あなたは知ってる?腰椎分離症に大人がなった時の治療法!?

 

 

 

腰椎分離症に大人がなってしまった時の治療法についてご紹介致します。

 

 

腰椎分離症とは、椎体と椎弓の間にある椎弓根が骨折や欠損していることを言います。

 

 

腰椎分離症になると、腰の痛みだけでなく、足の痺れや痛みが出ることもあります。

 

 

症状として、知覚障害やしびれ、筋力低下、放散痛などがあります。

 

 

分離が発生する原因には、腰への負担や激しいスポーツなどが挙げられます。

 

 

 

 

特に、成長期のスポーツを盛んに行なう時期に疲労骨折しやすく、なりやすい怪我と言われています。

 

 

腰椎分離症には初期と進行期、終末期の3つの進行度合いが存在し、これらの進行の度合いによって、骨が癒合する確率が異なってきます。

 

 

初期であれば、90%くらいの確率で骨の癒合は可能だと言われています。腰椎分離症にも初期段階と進行期、終末期の3段階があり、早期に発見し治療することが大切だと言われています。

 

 

一方、すべり症は、椎間板に異常があったり腰椎の椎間板関節という部分が壊れることで、腰本来のカーブを支えられなくなると腰椎がズレてしまうことが原因となります。

 

 

すべり症の症状では、腰からお尻に突っ張り感がある。とか、足に痛みやしびれがある。とか、長時間立っていたり同じ姿勢でいると鈍い鈍痛を感じる。などの症状があります。

 

 

 

 

腰椎分離症は、成長期の子供などスポーツをする機会の多い人がなりやすいものですが、もちろん大人もなってしまう疾患です。

 

 

大人の方が腰椎分離症になってしまった時の治療方法には幾つかの方法があります。

 

 

治療方法として、薬物療法やブロック注射、手術、コルセットなどを使用した固定などの方法があります。

 

 

薬物は医師に処方してもらい服用することになります。また、ブロック注射は痛みを和らげるために局部麻酔的に使用します。コルセットを使用した治療では、安静にして骨の癒合を促します。

 

 

また、ストレッチや体幹トレーニングなどの筋力トレーニングも治療の一貫と言えるのではないでしょうか。

 

 

腰を筋肉で補助することが大切で、深層筋(インナーマッスル)の鍛え方などについてもできるだけ専門家の指導を仰いで行なうようにしましょう。

 

 

腰椎分離症を完治させるには、整形外科医の指導の元、進めることが欠かせません。

 

 

大人の方が腰椎分離症になってしまった時の治療法についてご紹介致しました。

 

 

大人の方で腰椎分離症になってしまった方が治療を進める際には、必ず医師など専門家に診断を仰ぎ、その後の方針を決めるようにして下さい。

 

 

次の記事も見てくださいね。

 

 

腰椎分離症になると足のしびれや足の痛みが出る!?