【ズバリ解決!】腰椎分離症を改善する方法とは?しびれや痛みを和らげる治療法について

知っておきたい!腰椎分離症の手術費用はどれくらい?

知っておきたい!腰椎分離症の手術費用はどれくらい?

 

 

腰椎分離症になってしまった際の手術費用は幾らくらいかかるのでしょうか!?

 

 

腰椎分離症の手術費用についてまとめています。

 

 

腰椎分離症の手術では、術後にしばらく入院などして安静にする必要があります。

 

 

長くても2週間ほどで退院になることが殆どと言われていますが、自宅に戻ってからも2ヶ月ほど安静にすることなどが必要です。

 

 

そのため、手術費以外にも諸経費が必要になります。

 

 

腰椎分離症の手術費用はおおよそ、数十万円かかります。

 

 

 

 

腰椎分離症とひとことに言っても、初期段階と進行期、終末期で治療方法も変わってきますし、手術費用などにも違いが出てきます。

 

 

初期段階で腰椎分離症を見つければ、コルセットなどで固定して安静にすることで、骨は自然癒合します。

 

 

しかし、重症化している場合は手術で骨を繋ぐのが望ましいので、手術費と入院費が必要になります。

 

 

手術が必要になった場合には、高額医療費制度を利用することもできます。

 

 

この時の自己負担額は家庭の収入により違います。

 

 

手術の流れは、外来→検査→治療方針の決定→手術→術後→帰宅となります。

 

 

検査では、レントゲンやMRIなど検査を行い、治療方針の決定では専門医と相談し、自然療法か手術を行なうか決定します。

 

 

医師に診断を受けるときには、スポーツをしていることなどをしっかり伝えるようにしましょう。

 

 

腰椎分離症の治療方法の一つに、コルセットやプロテクターを使用した腰の固定の保存治療がありますが、コルセットも決して安いとは言えません。

 

 

コルセットは、安くても1万円以上と言われています。固定療法で使用されるコルセットは、金額も数万円すると言われています。

 

 

医療用装具としてのコルセットは保険が適用されますが、後からお金が返ってくるシステムなので、一度、全額を負担する必要があります。

 

 

腰椎分離症の診断を受け、医師の指導のもと使用することになりますが、申請をすれば国保で後から保険適用分が支給されます。

 

 

腰椎分離症の治療方法には、他にも薬での治療やブロック注射などがあります。

 

 

ブロック注射では神経の炎症を抑え、痛みを緩和させます。鎮静剤と併用することもあります。

 

 

 

 

腰椎分離症は成長期に起こりやすいとも言われています。

 

 

スポーツをすることでの疲労骨折が主な原因となっています。

 

 

そのため、腰に負担がかかっても耐えられるだけの腰椎周辺の筋力強化が欠かせません。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

腰椎分離症の手術費用についてご紹介致しました。

 

 

腰椎分離症になってしまっている方は多くいらっしゃいますが、手術まで行なわなければいけない状態の方はそれ程多くないというのが現状のようです。

 

 

下記の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

要チェック!腰椎分離症になると足のしびれや足の痛みが出る!?