【ズバリ解決!】腰椎分離症を改善する方法とは?しびれや痛みを和らげる治療法について

要チェック!腰椎分離症になると足のしびれや足の痛みが出る!?

要チェック!腰椎分離症になると足のしびれや足の痛みが出る!?

 

 

腰椎分離症は、腰椎が疲労骨折によって分離してしまっている状態のことを言います。

 

 

すべり症とは違い、骨が折れてしまって離れている状態のことを言います。

 

 

腰椎分離症にも先天性分離症と後天性分離症があります。

 

 

殆どの腰椎分離症は後天性のものになりますが、成長期のスポーツをする機会の多い方やスポーツ選手などに発症しやすい怪我です。

 

 

分離すべり症は腰椎分離症から2次的に発症しますが、すべり症にも分離すべり症、変性すべり症、形成不全すべり症、外傷性すべり症、病的すべり症などの種類があります。

 

 

第5腰椎に多くみられる疾患で、腰椎の後ろ側の椎弓と言われるリング状の形をした部分に起こります。

 

 

腰椎分離症になると様々な症状があらわれます。

 

 

 

 

例えば、腰が抜けたような感じがある。とか、腰を少し動かしただけで痛む。とか、常に腰に違和感がある。といった状態があります。

 

 

足のしびれや痛みが出ることもあります。その他にも、お尻の痛み、足先の痛み、しびれ感などが出る場合もあります。

 

 

足のしびれや痛みが出る場合は、重症化している傾向にあります。

 

 

整形外科などで診断を仰ぎ、しっかりと治療するようにして下さい。

 

 

治療方法には、薬物療法やブロック注射、手術などの方法があります。

 

 

薬物療法では、医師に処方された薬を定期的に服用する方法となります。

 

 

ブロック注射は、痛みやしびれの原因となっている神経の神経根に局所麻酔薬を注射する治療となります。

 

 

腰椎分離症が重症化している場合には、手術をしなければいけないケースもあります。数十万の手術費と術後の2週間ほどの入院が必要になります。

 

 

また、コルセットやプロテクターなどで腰を固定して安静にすることも治療の一貫となります。

 

 

 

 

腰椎分離症が初期の場合は、コルセットなどで安静にしていれば骨の癒合が可能ですが、足にしびれなどを感じている場合には医師の診断を受けられることをおすすめします。

 

 

また、足にしびれや痛みのある時は、運動を控えるようにしましょう。

 

 

特に、重い物を持ったり、腹筋などの腰を曲げる運動は控えるようにして下さい。

 

 

腰椎分離症になっているにも気づかず放置していると、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアといった他の怪我も併発して、間欠性跛行の症状が出ることもあります。

 

 

 

 

以上のように、腰椎分離症になると足のしびれや足の痛みが出ることがあります。

 

 

放っておくと再発のリスクも高くなり治りにくくなるので、なるべく早く病院へ行かれるようにして下さい。

 

 

でも、病院へ行く前に下記の記事を見てくださいね。

 

 

福辻鋭記の福辻式腰痛体操の評判・口コミ・感想まとめ!