【ズバリ解決!】腰椎分離症を改善する方法とは?しびれや痛みを和らげる治療法について

効果あり?腰椎分離症の時のお風呂は良い!?

効果あり?腰椎分離症の時のお風呂は良い!?

 

 

腰椎分離症になってしまった時は、お風呂に入るのがおすすめなのでしょうか!?

 

 

腰椎分離症とお風呂に入ることでの効果についてまとめています。

 

 

腰痛で痛む時は筋肉が緊張しているので筋肉をほぐしてあげる必要があります。

 

 

特に冬場は体が温まる機会が少なくなりそのままにしておくと坐骨神経痛になることもあるので、注意が必要です。

 

 

腰椎分離症とすべり症は厳密には別のものですが、腰椎分離症を発症すると2次的に腰椎分離すべり症へと病状が進むことがあります。

 

 

腰椎分離症の時は、冷やすより温めた方がよいと言われています。

 

 

初期の場合は冷やした方が良いと言われていますが、基本的にはお風呂にゆっくり入るなどして温めることで血流を良くすることで症状の改善が早くなります。

 

 

 

 

腰椎分離症の時のお風呂の入り方についてご紹介致します。

 

 

お風呂に入る前には、コップ1杯の水を飲むようにしましょう。

 

 

その後、お風呂に入りますが、お湯はぬるめに設定するようにして下さい。

 

 

ぬるめのお湯は、副交感神経を刺激するのでおすすめとなります。

 

 

また、血行が良くなるので、症状の緩和が期待できます。

 

 

42度以上の熱いお風呂にすると、交感神経が刺激されてしまい、逆効果になってしまいます。

 

 

腰椎分離症の症状を悪化させないために、お風呂の入り方も気をつける必要があります。

 

 

ポイントとして、長時間お湯に浸からないこと。お風呂での座る姿勢に気をつけること。などがあります。

 

 

腰椎分離症の予防で一番大切なのが、血流を改善することです。

 

 

お風呂に入ったり適度なウォーキングなどを行なって、血流を良くすることで怪我の予防となります。

 

 

 

 

腰痛には、お風呂に入っていい時と悪い時があるので注意しましょう。

 

 

慢性的に腰の痛みを感じている場合はお風呂に入った方が良いですが、急激な痛みがある時はお風呂には入らないようにしましょう。

 

 

幹部を温めてしまうと炎症が悪化してしまうことがあります。

 

 

慢性的な鈍い痛みは、血行不良などが関連していることもあるので、血流を良くすることで痛みを緩和させることが出来ます。

 

 

湯船に浸かれば、水圧によるマッサージ効果があわられることもあります。

 

 

腰椎分離症になってしまった時にお風呂に入ることはおすすめだと言えます。

 

 

お風呂に入ることで血行もよくなりますし、筋肉をほぐして坐骨神経痛などにならないようにする必要があります。

 

 

以上のことに注意しながら入浴するようにしてみて下さい。

 

 

次の記事も効果的だと思いますので見てくださいね。

 

 

要チェック!腰椎分離症になると足のしびれや足の痛みが出る!?