【ズバリ解決!】腰椎分離症を改善する方法とは?しびれや痛みを和らげる治療法について

ぶっちゃけどう?腰椎分離症の改善で鍛える必要性は…

ぶっちゃけどう?腰椎分離症の改善で鍛える必要性は…

 

 

腰椎分離症を改善するには鍛える必要はあるのでしょうか!?

 

 

腰椎分離症とリハビリでのトレーニングの必要性などについてまとめてみました。

 

 

腰椎分離症はスポーツ選手の10人に1人がなっていると言われるほど、スポーツ選手にはメジャーな腰痛となっています。

 

 

特に、野球のポジションでキャッチャーなどをしている人は、腰に負担がかかり、腰椎分離症になりがちです。

 

 

腰椎分離症は、比較的一般的な怪我と言えますが、すべり症とは違い、椎弓根が骨折して分離してしまっている状態のことを言います。

 

 

腰に過度な負担がかかると、椎体と椎弓の間の椎弓根が疲労骨折を起こしてしまいます。

 

 

腰椎分離症になってしまったら、まずは骨を癒合させる必要があるので、コルセットなどを使用して保存療法を行なうことが先決となります。

 

 

 

 

また、腰椎分離症は他の腰痛症と同様に、腹筋や背筋のトレーニングが大切だと言われています。

 

 

腰椎周辺の筋力が落ちると、腰椎を支えるための力が弱くなり、治癒が難しくなります。

 

 

腰椎周辺の筋肉は、背骨を正しく支えるために存在している箇所なので、痛みを醜くさせないためにも鍛える必要があると言えます。

 

 

腰椎分離症のトレーニングでは、主に、深層筋(インナーマッスル)と呼ばれる身体の内部の筋肉組織を鍛える必要があります。

 

 

ハードな筋力トレーニングではなく、バランスや呼吸を重視した体幹トレーニングを行なうようにしましょう。

 

 

体幹トレーニングは器具を使用したり、ジムに通う必要などはありません。

 

 

 

 

身体を支える姿勢を保持したり、時には立ったままで行なえる体幹トレーニングもあります。身体全体のバランスをとり、ちょっとした負荷をかけたまま行なうものが殆どです。

 

 

ヨガやストレッチに近いトレーニング方法なので、ちょっとしたスペースで可能で、空いた時間などに自宅で行なうことが出来ます。

 

 

もちろん、腰に痛みのあるうちは安静にすることも重要ですが、痛みがなくなったら日々のトレーニングを行なうようにしてみて下さい。

 

 

 

 

以上のように、腰椎分離症の改善には身体の筋肉を鍛える必要があると言えます。

 

 

筋力をつけることが、腰椎分離症の痛みを軽減するために必要なことであるという意見を持つ医師が多くいます。

 

 

腰椎の筋力をつけるための効果的な体幹トレーニングによって、背骨を正しく支えるための筋力がつきます。

 

 

深層筋(インナーマッスル)を鍛える体幹トレーニングを継続して行なうようにしましょう。

 

 

下記の記事も見てくださいね。

 

 

要チェック!腰椎分離症になると足のしびれや足の痛みが出る!?