【ズバリ解決!】腰椎分離症を改善する方法とは?しびれや痛みを和らげる治療法について

放っておくと怖い!腰椎分離症になるとくしゃみで激痛が走る!?

放っておくと怖い!腰椎分離症になるとくしゃみで激痛が走る!?

 

 

腰椎分離症になると、くしゃみで激痛が走るというのは本当なのでしょうか!?

 

 

腰椎分離症の疑いや心配のある方に参考にして頂けたらと思います。

 

 

腰椎分離症は、椎骨を支える椎間関節が骨折して分離してしまう疾患のことを言います。

 

 

腰椎で骨折が起きて、椎体と椎弓が離れてしまっている状態を腰椎分離症といいます。

 

 

腰椎分離症は第5腰椎に起こることが多く、医師に第5腰椎分離症と診断される方も多いのではないでしょうか。

 

 

すべり症などのズレとは違い、骨が分離してしまっている状態なので、癒合するまで時間の必要とする怪我とも言えます。

 

 

腰椎分離症の症状を幾つか紹介致します。

 

 

 

 

腰に違和感を感じる、痛みを感じる、腰が重い、だるい、疲れるなどの状態が挙げられます。

 

 

長時間立ち続けたり、激しい運動をした時などに痛みが強まります。

 

 

腰椎分離症になっている時にくしゃみをすると激痛が走ることがありますが、逆に、健康な状態でもくしゃみをキッカケとして腰椎分離症になってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

くしゃみが原因で、腰痛が悪化したり再発する人も多いと言われています。

 

 

くしゃみをする時に腰が屈曲してしまうと、さらに痛みに繋がることがあります。

 

 

くしゃみをすると身体全体に突発的に力が入るので、腰周辺の筋肉などに力が入り、刺激を与えてしまいます。

 

 

これら、くしゃみと腰痛には関連性があり、腰椎分離症の方も、突発的に身体の筋肉に力の入るくしゃみには注意するようにして下さい。

 

 

くしゃみで腰に響きにくくなる対処法として、前傾姿勢にならないように、最初から少し反った姿勢にする。とか膝を床についてくしゃみをする。などの方法があります。

 

 

また、壁に体をつけてくしゃみするなどの方法も効果的です。

 

 

 

 

痛みが治まらない場合には、薬を服用したり、ブロック注射などで痛みを緩和する方法があります。

 

 

腰椎分離症と腰椎分離すべり症は同時に起こることもあり、子供の頃に症状がなくても大人になってから痛みが出てきたというケースも稀にあります。

 

 

そのため、腰に痛みなどを感じている方は放置せずに、重症化する前に、なるべく早めに医師の診断を受けるようにして下さい。

 

 

腰椎分離症になると、くしゃみをすることで激痛が走ることもあります。

 

 

くしゃみは意識して我慢できるものではありませんが、腰に負担をかけないように意識するようにしましょう。

 

 

腰に力が入らないように、くしゃみをする時には小さいアクションで抑えるようにしましょう。

 

 

下記の記事も役立つと思いますので是非見てくださいね。

 

 

要チェック!腰椎分離症になると足のしびれや足の痛みが出る!?